庭の景観や暮らしの不便を解決しよう|砂利の有効活用法

植物

景観を保つ

草刈り機

庭の美観を損なうだけじゃない

ガーデニングや農作業は土や植物に触れる機会も多いので、自然と心が癒されます。庭に好きなお花を植えて毎日を楽しく彩ったり、ハーブや農作物を植えて食費を抑えたり、その用途は家庭によって様々です。また、庭一面に芝生を敷き詰めて、お子さんやペットが遊ぶためのスペースにしているご家庭もあります。そしてそれらの家庭菜園や造園でよく悩まされがちなのが、雑草の存在です。定期的に草むしりをしないとすぐに伸びてきて、どんどん成長します。育ちすぎた雑草は庭の景観を悪くしたり、他の植物の成長を阻害したりするので、放置するわけにもいかないですよね。さらに言えば、不審者が身を隠せるようになるので防犯の意味でも早急な対策が必要になってきます。

時間が取れない人は

庭のお手入れには草むしりが必要不可欠なわけですが、お子さんがいたりお仕事が忙しい場合は、あまり頻繁に草むしりの時間を設けるのが難しいこともあります。そのため、砂利を敷き詰めたり園芸用のビニールで覆ったりして土がむき出しにならないようにしておくと、雑草の発生をある程度抑えることが出来ます。雑草の数や範囲が少なくなれば草むしりの手間も時間も減るので、生活への負担も減らせます。また、造園業者の中には庭の草むしりを代行してくれるところもありますし、家事代行業のサービスの中に庭の草むしりが含まれていることもあるので、それらを利用するのも一つの手です。ただしこれらは家族以外を敷地内に入れることになるので、むやみに家を空けることのないように注意しましょう。