庭の景観や暮らしの不便を解決しよう|砂利の有効活用法

植物

アイテムを使用する

草刈

邪魔な雑草を取り除く

お庭や畑の手入れに、草取りは欠かせません。雑草は生命力が強く、根っこが残っているとすぐにまた伸びてきて、大切なお花や作物の養分を横取りしてしまいます。葉が大きいものだと、お花や作物にうまく日光が当たらなくて、成長が遅くなったり枯れてしまったりすることもあります。そのため定期的に草取りをして、作物の健康を守ってあげる必要があります。除草剤や農薬を用いるのも良いですが、育てたい植物にまで影響を及ぼしてしまうこともあるので、使い方には十分な知識が要ります。特定の植物に効果のあるものや、希釈する濃度によって効果が違うものなどさまざまな種類がありますので、いくつか比較してみると良いです。また草取り用の除草剤などは、ペットや小さいお子さんには有害なこともありますので、成分や注意点などの説明表示はしっかり読むようにしましょう。

雑草が発生しにくくする

定期的な草取りが面倒な時や時間がなくて難しい場合には、そもそも雑草が生えにくい環境にするのも一つの手です。というのも雑草は、種がないと生えてきません。雑草の種は小さく軽いので、風に飛ばされてきたり虫や鳥が運んできたりして土壌に落ち、そこに十分な水や養分があれば発芽します。ですから作物を植えたところ以外の土壌に砂利などを敷き詰めたり、ビニールで覆ったりして発芽しにくい状態にしておくと、ある程度の雑草の発生を防ぐことが出来ます。とはいえ完全な予防は難しいので、ある程度の発生は免れないでしょう。しかし数はだいぶ減らすことが出来るので草取りも楽になり、作物やお花の手入れに時間をかけることが出来るようになります。